タイ語でお金を借りる場合には、なんて言う

タイ語はタイ王国で使用されている言語で、語尾の上げ下げなどによっても意味が変わる声調言語のひとつです。また語彙につける言葉によって男言葉と女言葉を使い分けることができます。日本語の借りるは応用範囲が広く、賃貸住宅から友人の所有物まで同じ単語ですますことができますが、タイ語では細かくわかれています。そのうちお金を借りる場合でも知り合い同士で貸し借りをする意味合いではユームと発音する動詞を使用します。使わせてもらうに近いニュアンスのタイ語で、お金を借りるといっても借用書や担保などが必要なわけではありませんが、しばしば好意に甘えて返さない場合があるので多額の場合には念書を交わしておいた方がいいでしょう。一方銀行や消費者金融などで利子つきで正式にお金を借りる場合の動詞はクーです。つまりこの場合のお金を借りる、は融資を受けることでありビジネス上の契約関係が締結されるため、期限内に定められた利子をつけて返済する義務が発生します。キャッシングや住宅ローンなどもこちらのケースにあたります。タイ語は独特の発音とイントネーションがあるため、カタカナであらわしても実際の発音は異なって聞こえる場合がほとんどです。またお金を借りるの言い方を覚えても、標準である中央タイ語の他方言との差異が激しく、さらにそのうえ文字が独自のインド系から派生した曲線の多い文字であるため、マスターするのはある程度の期間が必要です。

お金を借りる大技林|今すぐ借りれるランキングTOP3はどこ?はこちら